僕はサッカー界に、選手の競技レベルを驚くほど変えることのできるトレーナーはほぼいないと思っています。走り方を変えたり、体幹を太くするメニューを作成することはできても、結局それは、選手の生まれ持った才能の範囲を超える程の変化ではない。と。

ここでいう『驚くほどの変化』と言うのは、例えば高校サッカーでレギュラーにもなれなかった選手を日本代表選手に育てたり、J3が精一杯だった選手を世界のトップクラブに入団させるような、そんな革命的変化をさしています。

そういった観点から見れば、サッカー界で活躍している指導者の多くは、『生まれ持ったポテンシャル的に、順調に育った』というレベルの変化しか、選手に及ぼせていないのではないか。

トレーニング‘‘メニュー’’による貢献が、彼らにどれほどあっただろうか

フィジカルトレーニングによる『飛躍的成長』と言えば、清水時代ベンチからのスタートだった岡崎慎司や、明治大学で太鼓を叩いていた長友佑都が有名です。

さて、彼らの飛躍的成長には、どれほど‘‘トレーニングメニュー’’による貢献があったのでしょう。彼らの慕うトレーナー達と出会っていなければ、今の様な活躍はありえなかったのでしょうか?

この問いに、僕はそこまで革命的な影響は無かったのではないかと考えています。

例えば、岡崎慎司は名門滝川第二高校で一年からレギュラーを座を奪っていし、長友佑都に関しても、2年生かあ名門東福岡でレギュラーを獲得し、大学時代にはJリーグでフッキを完封などなど、早々にとてつもない才能を証明していた選手だからです。

もちろん、成功した選手に対しメディアが『すごい才能だったんですね』と、紹介することは少なく、

トレーナーとのトレーニングによる飛躍や、独自の取り組みで今の地位に就いた』との切り取り方をするでしょう。そっちの方がメディアとして人々の共感を誘えるからです。

だからこそ、トレーナーやコーチ等、トレーニングを研究する立場の人達は、一見トレーニングメニューによって成功を納めたように見える選手たちを見る際も、『初めから凄まじい土台を備えていた可能性』をしっかり考慮して分析しなければなりません。

この部分を軽視して、祭り上げられるトレーニング方ばかりに着目してしまえば、『このトレーニングはそんなにも素晴らしいのか!!』と壮大な勘違いを起こしてしまう可能性があります。