日本ではサッカーを始める入り口として、必ずインサイドパスの練習からスタートします。今日はこのインサイドパスについて。

実は『インサイドパス』にも向き、不向きと言った身体の構造があって、不向きな身体に生まれた場合、いくら練習を重ねてもゲーム中のインサイドパスの精度は向上しません。

近距離でのパス交換を行う場合はそこまで個人差は表面化しないものの、距離を広げていくとこの違いが徐々に明確になっていきます。

例えば、強くパスを蹴るとどうしても横回転がかかってしまうタイプの選手なんかは、完全に『不向き』なタイプとして生まれた人です。

以前、とあるクラブで「パスのトレーニングや約束事を徹底したものの、一定以上はパスの精度は上がらなかった」という報告を見かけましたが、

選手にはそれぞれ絶対に蹴れない方向や、球質が存在します。

そう、このブログのメインテーマでもある身体の都合によって、です。

パスも同様、この部分に修正をかけない限りは、いくらパスのトレーニングを重ねたところでその精度は向上しません。

インサイドパスの才能、それは股関節の外旋。

さっさと結論を言ってしまうと、インサイドキックという技術の質を司る要のは、股関節の外旋運動です。

簡単に言うと、まっすぐに立った状態でどれだけつま先を開けるか?という事。


f:id:ryotadohi:20181006185746p:plain
(どれほど足を開けるか)

人間は止まっている時も、走っている時も、基本はつま先は前を向いています。

インサイドキックを繰り出す場合、この足の向きを外に広げ、内くるぶしを前方に押し出すようにしてボールをミートする。つまり、股関節を外旋させるわけです。

この外旋可動域が、身体の向きを変えずにパスを送ることができる限界角度となります。

外旋角度以上の方向にパスを出すためには、一度ステップを踏んで身体の向きを変えなければならない。つまり、ワンステップ分の時間が余計にかかるため、ハイプレッシャーの中ではほぼ送球が不可能になるエリア。

ちなみに、日本人の中では本田圭佑や中村憲剛がこの外旋運動に優れた股関節を持っています。というより、パスを得意としている選手は例外なくこの外旋動作に優れた股関節を持っています。

彼らは皆、内くるぶしを完全に前方に向けたまま足を前に振ることができる。

f:id:ryotadohi:20181006183136j:plain
(中村憲剛)

f:id:ryotadohi:20181006183649j:plain
(ケイスケホンダ)

f:id:ryotadohi:20181006183437j:plain
(遠藤保仁)

インサイドパスの技術を向上させたいのなら、パス練習する前に写真の彼らの様なフォームを真似できるだろうか?という事を最初に確認すべきです。

この足の向きを作れないのなら、いくら練習してもインサイドパスは上達しないのだから。

ちなみに、メッシはこの動作も別次元です(笑)

彼が細かなパスを交換しながらエリア内に侵入する時、全くスピードが落ちないのは身体の向きを変えずとも様々な方向へパスを送ることができるから。走りのフォームを全く崩さずに様々な方向へ足を向けることができる。

f:id:ryotadohi:20181006183014j:plain

(メッシの外旋角度)

股関節の凱旋運動に優れていない身体を持ち合わせてしまったのなら、いくらインサイドキックの練習を重ねてもこれ以上パスの制度が上がることはありません。

パスの精度をあげたいのならまずはそれに適した身体を作り、パスを送れる範囲を広げること。

やはり、一流選手の真似はプレーで無くまずは身体から。