体幹トレーニング。長友佑都選手の推奨によってサッカー界にもこの単語が広く認知されました。

今では様々なクラブがフロントブリッジ等の体幹トレーニングを取り入れ、今更誰かがその重要性を解く必要は無いものと思われますが、具体的に身体のどの部位をどれほど、そして何のために鍛えるのかを完全に把握してトレーニングに取り組むか否かによって、そこから生まれる競技パフォーマンスは全く異なってきます。

 🔴サッカーのプレーのほとんどは‘‘移動’’である

走る、止まる、ボールを奪う、突破する、DFを交わす、サッカーの試合中に行われる動作は、キックを覗くとほとんどの場合で‘‘移動’’の一貫に数える事ができます。

この『移動』を行う時、単に進行方向へ向かって脚を踏み出せば動作が完了するかと言えば、そうではありません。

 

動かした足にしっかり身体が付いてくる様、上半身を固めておく必要があります。

 

🔴上半身と下半身とでは、移動の方法が全く異なる

下半身が進行方向へ向かって歩き出したとしても、上半身をしっかり固めていなければ、下半身に引っ張ってもらう立場の上半身は移動できません。下半身は自分の機能自体で移動ができるものの、地面と接触しない上半身は自力での移動はできないのです。

上半身は適切に下半身に固定される事で、初めて移動を達成する事ができる。

自分で移動する下半身、
下半身にしがみ付いて移動する上半身、

この前提知識を持つだけで、『体幹体幹』と一言に言っても、特に重点的に強化しなくてはいけない箇所はどこなのか?自ずと答えは見えてきます。

以下の画像を見てください。

てこの原理を踏まえれば、適切に上半身を下半身に固定するためにAエリアの強化が特に重要であることはすぐに解ります。そして、下半身から離れたCエリアが重くなればなるほど、上半身の固定、つまり身体全体の移動は不自由となります。

 

 🔴一流選手の身体

一流選手の身体を観察してみると、移動に優れた選手は皆くびれの少ない筒型の身体をしている事がわかります。日本人選手の中で特にこの傾向が強いのは、長友選手と、久保建英選手です。


(胸からストンと落ちた完全な筒型体型)


(アザール も理想的な筒型形状を持つ)

サッカー選手が筋力トレーニングに取り組み始めると、多くの場合で肩、腕、胸部のトレーニングを好む傾向がありますが、どこをどの様に鍛えるかによって、競技パフォーマンスは低下することだってあるのです。

 

🔴体幹トレーニングは、上半身をしっかり下半身に固定するために行う

まとめると、サッカー選手は効率の良い移動を行える身体を持つ事が非常に重要。そして効率の良い移動は適切な動きと、適切な固定によって作られます。

『体幹』と総称されるトレーニングは、その移動を行う際、上半身を下半身にしっかりと固定するために存在するのです。